☆☆二・二六☆☆

☆☆二・二六☆☆

【参照元】https://tanken.com/226.html

二・二六事件。
1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、青年将校らが1483名の兵を率いて
「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件。

今もなお、首相官邸の正面玄関の上部にはめ込まれたガラスには、
直径1センチほどの弾痕のような穴があり
二・二六事件の「傷跡」だと、言われているそうです。

四年前に発生した五・一五事件も踏まえて
その後、歴代総理は官邸で将校の姿や、ブーツの足音などの霊体験をした
インタビューで答えているのだとか!?

しかし、小泉純一郎元首相だけは官邸を後にするときに
『いや~、会いたかったね~』と言ったそうで
官邸のバン記者も色々な意味で流石と思ったそうです(笑)