☆☆くすぐり係☆☆

☆☆くすぐり係☆☆

なんとなく世界史で聞き覚えのあるロシア最強女帝エカチェリーナ2世。
300人の愛人が存在し、夫の死後、皇位に就いたため「王冠をかぶった娼婦」ともいわれる彼女。

彼女は性的な刺激を得るために、フルタイムの足裏くすぐり係として女性または去勢された男性を雇っていたそうです。

くすぐり係はひわいな物語を朗読し、夫(あるいは愛人)と盛り上がるための手助けも行っていたそうで、報酬もなかなかだったようです。

くすぐりなんていまでいうところのM性感ですね!!

ひわいな物語を朗読を聞きながらのプレイは
AVを見ながらのプレイといったところでしょうか!?